こちらのブログ、とっても久しぶりの更新です。

最近の音楽活動は、こんど本番を迎えるミュージカルの作詞・作曲です。

 

劇団ステージドア。

創立25年を誇る社会人劇団で、年1度のオリジナル脚本・音楽によるミュージカル公演を行っています。

私はたしか2004年くらいから、作詞・作曲・アレンジ・オケ録音といった音楽業務を毎年お引き受けしてきました。

主宰/演出家の伊藤さんはじめ、劇団の皆さんとも長いおつきあいになります。

 

年齢層は、下は20代から、60〜80代くらいを中心に、最高はなんと90代まで!

高齢の皆さんがめっちゃ元気な劇団です。

 

私は一時期、多忙ゆえに作詞だけで関わっていたこともありましたが、今年からまた作曲に復帰。
劇中の歌を10曲ほど作りました。

 

今回は本当に、作詞と作曲のみです。

台本を読んで、とにかく歌を作る。

アレンジは手をつけないことにしました。

なぜかというと、時間的にも気持ち的にも今の私には無理なので。

つまり、たいへんすぎる!ってこと。

そこで、アレンジに関しては他の方にお願いすることにしました。

 

最近、自分ができないことや自分には向かないことは、なるべく他の人にお任せすることにしています。

結果としてその方が良いものができてきたり、

新しい視点や広がりが得られたり、

思わぬご縁ができたり

他の人を生かす機会ができたり

といったことにつながるからです。

なんたって、自分が楽です。

 

そこで、今回は丸山裕之さんというクリエイターさんに、歌もののアレンジ・オケ制作を全面的にお願いしました。

丸山さんが総合的にとりまとめつつ、チームワークで他のクリエイターさんにも分担を割り振り、結果として3人のアレンジャーさんによる適材適所なアレンジが仕上がってきて、とても楽しかったです。

 

私は昔から自分がアレンジャーとして活動していたので、他人の曲はもとより、自分の作曲も自分でアレンジしてきました。

だから、こうして自分の曲を人に預けてアレンジができてくるという体験は新鮮で、なんだかうれしいです。

 

私がピアノ一本でざっくりと弾いた伴奏と譜面を、それぞれのアレンジャーさんが受け取って、それをいろんな楽器によるバンドやオーケストラサウンドにしてくれます。

できあがってきたオケは、私の予想以上に細かいところまでこだわって配慮され、エネルギーあふれるすばらしいものでした。

元々の私の意図を汲みつつ、さらにそれを超えるアイディアをいろいろ肉付けしてくださり、

よっ、さっすがプロのお仕事っ!!

と聞きながら一人で叫んでいました(笑)

 

実はね、以前の記事にも書きましたが、アレンジっていうのは本当に手間ヒマかかる大変な仕事なんです。

過去記事
仕事膨大。目立たない。印税なし。アレンジャーの仕事

 

自分がやってたからこそ、そのたいへんさもわかるし、

できてきた音を聴くと、どういう意図で何を思ってそうしているのかが手に取るようにわかります。

そこまでしなくてもいいのに、アレンジャー魂ってヤツが思わずそうしちゃう、そこまでやっちゃう・・・みたいなこともあります。

微細なところにそういうものを感じて、ニヤっとするやら感動するやら。

 

そういうわけで、たいへん今回楽しく助かりました。

丸山裕之さん、そして松崎陽平さん、平秀門さん、本当にありがとうございました!

 

もちろん、自分で言うけど、私の曲も今回とってもいいです。

このところ、昔よりもさらにインスピレーションがバシバシ来てキマるようになっているので、ブレがありません。

そういうすばらしい元の曲が(はばからずに自分で言うよw)、才能あるアレンジャーの皆さんの仕事で彩られた、今年のステージドア音楽となっています。

あとはここに劇団の役者の皆さんが、どう乗って、表現してくれるか。

 

もちろんアマチュアですし、練習量にも限りがあるので、上手いかどうかといったらそうではありません。

この劇団の良さは、みんなが本気の情熱をかけている姿を見て、見ている方もなんだか知らないけど感動したり元気になったりするところ。

高齢の皆さんが今年も変わらず出てきて、力一杯歌ったり芝居したりしている、それだけでなんだか心打たれる、という不思議な舞台です。

 

チケットはまだあるようですので、興味のある方は下記にお問い合わせください。

 

『素晴らしい人生のための方程式』

4月1日(土)、4月2日(日)

両日とも 午後1時、午後5時開演

東京芸術劇場シアターウエスト(小ホール)3,000円(全席自由)

お問い合わせ:
TEL  03-3505-3104 (株)サンクアソシエイツ

 

26. 5月 2016 · 「森羅万象〜ピアノで語るゼーガペイン〜」作曲者による曲解説13〜14 はコメントを受け付けていません。 · Categories: CD森羅万象, アレンジ, コード理論, 作曲

sinrabanshouS

4月13日に発売したCD

森羅万象(ありとあらゆるもの)〜ピアノで語るゼーガペイン〜

楽曲解説シリーズ、4回目です。

 

1回目:1.また夏が来る〜4:アルティールまで

2回目:5.光は痛みを超えて〜9.RYOKO まで

3回目:10.消されるなこの思い〜12.光の戦士まで

 

13. 舞浜の空は青いか

これはほんとにもう、いかにもフィナーレっぽい曲ですね。

まさに晴れわたった大空のようなイメージ。

 

王道の壮大・感動路線。

私、こういうメロディーはかなり得意で

書こうと思ったら、あんまり悩まないでツルツル出てくるかんじです。 More »

19. 5月 2016 · 「森羅万象〜ピアノで語るゼーガペイン〜」作曲者による曲解説10〜12 はコメントを受け付けていません。 · Categories: CD森羅万象, コード理論, 作曲, 大塚彩子の音楽活動

sinrabanshouS

4月13日に発売したCD

森羅万象(ありとあらゆるもの)〜ピアノで語るゼーガペイン〜

楽曲解説シリーズ、3回目です。

 

1回目:1.また夏が来る〜4:アルティールまで

2回目:5.光は痛みを超えて〜9.RYOKO まで

 

10. 消されるなこの思い


この曲ができた経緯というのは、実は他の曲とはちょっと違っています。

 

オリジナル・サントラを作る時、最初に音響監督さんから「こういう曲がほしい」という一覧リストをいただくのですが、

この曲は元々リストにはなく、特に先方のオーダーに応えた曲ではなかったのです。 More »

15. 5月 2016 · 「森羅万象〜ピアノで語るゼーガペイン〜」作曲者による曲解説5〜9 はコメントを受け付けていません。 · Categories: CD森羅万象, 作曲, 大塚彩子の音楽活動

sinrabanshouS

4月13日に発売したCD

森羅万象(ありとあらゆるもの)〜ピアノで語るゼーガペイン〜

楽曲解説シリーズ、2回目です。

1回目はこちら

 

5. 光は痛みを越えて

今まで誰にも言ってなかったんですが(別に秘密とかじゃなくて、特に言う機会もなかったので )

この曲は、自分的にはゼーガペインのメインテーマとして一番最初に書いた曲です。

ここから、その他のいろいろな曲が、メロディーやリズムのバリエーションを伴って生まれていきました。 More »

08. 5月 2016 · 「森羅万象〜ピアノで語るゼーガペイン〜」作曲者による曲解説1〜4 はコメントを受け付けていません。 · Categories: CD森羅万象, 作曲, 大塚彩子の音楽活動

sinrabanshouS

4月13日に発売したCD

森羅万象(ありとあらゆるもの)〜ピアノで語るゼーガペイン〜

 

前回までは、制作過程を「メイキング1〜5」として書いてきましたが

参照→ メイキング1・レコーディング&ミックス

今日からは、曲について語ってみようと思います。

1.また夏が来る

 

オリジナルのサントラ盤1 では、アコースティックギターのカッティングとバンド編成が、さわやかで青春ぽい仕上がりになっていました。

「また夏が来る」というタイトルは、ゼーガペイン10話のタイトルを拝借したもの。 More »

02. 5月 2016 · 大塚彩子「森羅万象〜ピアノで語るゼーガペイン〜」メイキング5・マスタリング はコメントを受け付けていません。 · Categories: CD森羅万象

sinrabanshouS

4月13日に発売したCD

森羅万象(ありとあらゆるもの)〜ピアノで語るゼーガペイン〜

メイキング記事、その5は「マスタリング」です。

これまでの記事 →

メイキング1・レコーディング&ミックス

メイキング2・ジャケットデザイン

メイキング3・茶喜利さんとコラボ

メイキング4・レッスンと調律

 

音に関する作業として、

まず録音があり、そしてミックス(別名トラックダウン)があり

さらに最終工程として、マスタリングという作業があります。 More »

29. 4月 2016 · 大塚彩子「森羅万象〜ピアノで語るゼーガペイン〜」メイキング4・レッスンと調律 はコメントを受け付けていません。 · Categories: CD森羅万象, ピアノレッスン

sinrabanshouS

 

4月13日に発売したCD

森羅万象(ありとあらゆるもの)〜ピアノで語るゼーガペイン〜

今回、ピアノソロのアルバムを作るにあたって

ピアノに関わる陰の支え役とでもいうべき方たちをご紹介します。

これまでの記事 →

メイキング1・レコーディング&ミックス

メイキング2・ジャケットデザイン

メイキング3・茶喜利さんとコラボ

 

ピアノのレッスン

 

一人目は、ピアノの先生です!

はい、今回のレコーディングのためにレッスン受けました。 More »

25. 4月 2016 · 大塚彩子「森羅万象〜ピアノで語るゼーガペイン〜」メイキング3・茶喜利さんとコラボ はコメントを受け付けていません。 · Categories: CD森羅万象

sinrabanshouS

4月13日に発売したCD

森羅万象(ありとあらゆるもの)〜ピアノで語るゼーガペイン〜

メイキング、その3は

唯一の共演者、パーカッションの茶喜利(チャッキリ)さんとのコラボレーションです。

 

これまでの記事 →

メイキング1・レコーディング&ミックス

メイキング2・ジャケットデザイン

 

今回、基本的にピアノソロですが

1曲だけパーカッションが入っています。

More »

18. 4月 2016 · 大塚彩子「森羅万象〜ピアノで語るゼーガペイン〜」メイキング2・ジャケットデザイン はコメントを受け付けていません。 · Categories: CD森羅万象, 大塚彩子の音楽活動

ジャケット、評判いいよ〜♪


4月13日に発売したCD

森羅万象(ありとあらゆるもの)〜ピアノで語るゼーガペイン〜

メイキング、その2はジャケットデザインです。

前回の記事 → メイキング1・レコーディング&ミックス

sinrabanshouS

なんかこのジャケット、すごく評判いいんですよ。

いいでしょう〜(^ ^)

なぜ灯台なのか

More »

15. 4月 2016 · 大塚彩子「森羅万象〜ピアノで語るゼーガペイン〜」メイキング1・レコーディング&ミックス はコメントを受け付けていません。 · Categories: 作曲, 大塚彩子の音楽活動

sinrabanshouS

 

数年間音楽活動の現場から離れていた大塚彩子が

新作CDつくりました!

2016年4月13日発売

森羅万象(ありとあらゆるもの)〜ピアノで語るゼーガペイン〜

です。 More »