09. 4月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 音楽進路相談

 Bassist

 

私は、都内の音楽学校でアレンジとジャズ・ポピュラーピアノを教えて10年あまりになります。

この音楽学校は、基本的に20代の青年がいちばん多く、

「プロになりたい」という人たちも多いのが特徴です。

私が直接関わった生徒さんの中で、実際プロになっていったのは、

数でいうとだいたい2〜3年に1人ぐらい。

では、プロになる人と、そうではない人の違いは何なのでしょうか。


■プロになる人はここが違う
bar_red2


何年かに1人ぐらい、プロになっていく人たち。

そういう人たちは、運よく突然プロになるチャンスが訪れたわけではありません。

実際のところ、学校に来ている時から

「あー、この子はプロになるな」というのはだいたいわかるものです。

正直言って、最初から差がついています。

 

プロになる子と、そうでない子はどこが違うか。

それは、まず

 

1. 既に10代の頃から、楽器やバンドなど、ある程度の音楽経験がある。

 

子供の頃から音楽がやれる環境かどうかは、

もちろん家庭の事情等、外部の条件にもよりますが、

これはやはり、頭が柔軟なうちに吸収した方が圧倒的に有利、

というのは芸事の定めのようなものかもしれません。

 

2. 聴いてきた音楽の量が多い。

3. 面白そうに、興味深そうに授業に参加している。欠席は極めて少ない。

4. 自分の意見を言ったり、質問したりが積極的。

 

あたりまえのようですが、これ基本。

私はこれを「食いつき力」と呼んでいます。

「食いつきがいい」っていうやつ。

要するに、それだけ好きかどうかってことなんですね。

好きだから。それだけ面白いことだから。

それだけのめり込んで、音楽のことを考えているのが楽しいっていうことですね。

 

5. アレンジに関しては、課題をちゃんとやってくる。

 なおかつ、それを単に「義務だから」ではなく、自分なりの楽しいチャレンジとしてやってくる。

6. 楽器に関しては、毎週「ここまでは到達する」というレベルを自分で設定して、そこまでちゃんと練習してくる。


私はこれを「クオリティ感覚」と呼んでいます。

つまり、「これくらいのレベルまではやってきて当然でしょ」という

クオリティのラインが、ご本人の中で元々高いのです。

そして、実際そのラインまで到達するように、時間とエネルギーを使って仕上げてきます。

この力は、まさにプロフェッショナリズムに通じる、最も大事な感覚です。

 

・ちゃんと締め切りを守る。(あたりまえ!)

・ちゃんとしたクオリティに仕上げる。(あたりまえ!)

 

これ、依頼を受けて仕事をするプロフェッショナルとして、あたりまえのことですから。

プロになっていく生徒さんは、たとえ学校の課題であろうとも

その時の自分なりの実力いっぱいに使って

既にその感覚で向き合っているんですね。

 

しかし、これができる生徒さんは実際あんまりいません。

「できませんでした」「やってません」「まだ、できてません」

「今週は忙しくて」「あれがこうで、体調がこうで」

とか言ってくる人がザラで。

やってきても、適当にチャチャッと間に合わせてる人もザラで。

やってないからといって欠席する人もザラで。

 

■どれだけ「のめりこめるか」がプロの基本かも
bar_red2

 

だからといって、私はそういう人たちを責めるつもりはないんです。

「もっとちゃんとやれーッ!」とか

「近頃の生徒はなっとらん!」とか、言いたいわけではありません。

むしろ、逆。

 

それほど好きじゃないんだったら、やらなくてもいいよ?

ってこと。

 

そういう人たちは、そこまで音楽にのめり込んでないってことなんだと思うんです。

そこまでのめりこむほど好きってわけじゃないってことだと思うんです。

てことは、他にきっと

好きなことや、もっと向いてることがあるんじゃないかってことなんです。

早く、そういうこと探した方がいいんじゃないかな。

 

要は、どれだけ好きか。

のめりこめるか。

そのことばっかり考えているか。

 

何ごとも、プロであることの基本ていうのは

そういうところにあるのだと思います。

もちろん、その上でセンスだとか才能だとかもありますが、

たぶんそれは、その次の段階の話。


プロになる生徒さんたちは、そのへん、貪欲です。

好きだから。面白いから。やりたいから。

だから、もっと知りたい。もっと向上したい。もっとうまくなりたい。

これくらいのレベルじゃなきゃ納得できない。

だから、そのためにはどうしたら?こうしたら?といつも考えている。

それは結果として「努力」というものになってはいるけれども

本人、楽しいからあんまり努力だと思ってない。

そういうかんじです。

 

そういうところが、日々の授業でけっこう如実に見えるものです。

10年以上も先生やっていると

「あ、この子はプロになる子。」「この子は違う道がある子。」

ってだいたいわかってきます。

本人には言わないですけどね。

 

■ やりたくないんだったら、それは好きじゃないのかも
bar_red2

 

音楽を趣味でやるのであれば、いくつになってもできるし、

それだったら自分のできる範囲で、自分のペースで

やったりやらなかったりすればいいわけです。

 

でも「プロを目指す」と言っているにも関わらず

そのために勉強をはじめたのにも関わらず

勉強や練習や努力という基本的なことを、どうもやる気がしないんだとすれば

それは実は

「その行為自体がそんなに好きじゃない」ってことなんだと思うんです。

「ミュージシャン、かっこいい!」と憧れることと

その行為が好きかということとは、かなり別のものなんです。

 

楽器の練習が好きじゃないんだったら、

楽器の演奏ってこと自体が、それほど好きじゃないんじゃないか、と。

 

アレンジの研究がめんどくさいんだったら、

アレンジってこと自体に、それほど興味がないんじゃないか、と。

 

作曲するのがしんどいんだったら、

作曲するという行為自体が、それほどあなたに合ってないんじゃないか、と。

 

そう思った方がいい。

だから、

やりたくもない練習をイヤイヤ「やらなきゃ!」って焦ったり

やれない言い訳を考えたりしてないで、

「ああ、それほど好きじゃなかったんだ」って、

認めてもいいんじゃないかな。

その方が楽になります。

 

そして、本当に好きなこと、のめりこめることは何だろう?って

あらためて考えた方がいい。

「〇〇さんみたいになりたい!」とかいう憧れじゃなくて。

その〇〇さんがやっている、楽器なり、作曲なり、歌なり、

その「行為」をしていること、そのものが

自分は本当に好きなのか、のめりこめることなのか

ということを考えた方がいい。

 

そして、そこまでのめりこんではいない自分がわかったら、

「プロ」を考えるのはさっさとやめた方がいいでしょう。

人生の時間は限られているのだから。

他のことに時間を使いましょう。

 

もっと、自分らしい、本当に自分を活かすことのできる他の道が

きっとあるのだと思います。

 

 ■本質ってそういうことかもね
bar_red2

 

それが、私が10数年間、音楽学校で教えた経験からの

率直な実感です。

 

もうすぐ、思うところあって学校を退職します。

 

本当にやりたいことは何?

本当に向いてることは何?

本当に力を発揮できることは何?

 

ちょっとばかり音楽ができるようになることもいいけれど

そっちのことこそ本質だと思います。

 

音楽を超えたところで、

そういう人生全体のヴィジョンやミッション探しのお手伝いをする方向に

私もだんだんと向かっているようです。

 

 

Pocket

Comments closed